スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零戦をつくる その3

2009.10.11.Sun.19:10
ディアゴスティーニの「週刊 零戦をつくる」どこまで追いつけるかスペシャル~!
どんどんぱふぱふ~。(一人で、しかも擬音だけって、寂しいものがある・・・)

0201.jpg

第2刊のお題は、この2つです。
1、プロペラをスピナーに組み付け。
2、ビームに穴をあける。

零戦21型:Shadeアンロックデータ集 -撃墜王- by 後藤克典
女の子:Shadeアンロックデータ集 -Tully (タリー)- by hinemaru
まずはスピナーカバーを磨きます。やることは前回と大差ない。
#800でスピナーカバーの外部に露出する部分を磨き、さらに#1500で整えるって寸法。
シャカシャカと#800をかけるのですが、、、。

おい、この傷、落ちねえじゃねえか!

0202.jpg

傷を消そうとやっきになって削ってると、スピナーカバーの先端とのラインが繋がらなくなる可能性があり、第6刊のスピナーカバーとの組み合わせはこんな感じで、結構遊びがあるので、エッジがピシっと立っていないと、スカスカになってしまいます。

0203.jpg

・・・この段階でぴかぴかに磨かなくてもいいんじゃね?
ここはすっぱり、スピナーカバーおよびプロペラの組み立ては中止!(やめるの早や!)

で、内部のプロペラ受けとのクリアランスを検討。
これも、遊びが大きくて、接着強度が稼げない。赤丸の3点で半田付けするのがよさそうです。

0204.jpg

スピナーカバー同士のクリアランスはこんな感じ。
この辺は、エポキシ接着剤で十分そうですねえ。

0205.jpg

気を取り直して、2、ビームに穴をあける。に取り掛かります。
0,7mm径のドリルをピンバイスに装着し、指定された箇所に穴を開けていきます。
ピンバイスへのドリル取り付け状態はこんな感じ。

0207.jpg

ドリルの取り付け長さは、空ける穴の深さに応じて調節します。
この場合、厚さ0.7mmのアルミ板を貫通すればいいわけですから、1cmもいらないです。
5mm程度で十分!

で、指示のとおりに割り箸をあてがって作業していくわけですが、左手だけで割り箸とビームを保持したのでは、割り箸が動いてしまって作業しづらいです。
もう一本手があればいいのですが、自分には2本しかありませんw
そこで、こんなふうにクリップで挟んで保持します。
重みで振動が抑えられ、いい感じで作業できます。

0206.jpg

あらかじめプレスされている位置決めのくぼみに先端をあてがい、極力、力を入れないように作業を進めます。
ピンバイスで穴を開けるときは、油は必要ありません。工作機械で油を使うのは、高速回転により発生する熱を冷却するためです。高熱になって被加工材が変形してしまいますから。

ピンバイスは時計方向に回していきます。そうすると、ドリルの螺旋から削りクズが排出されてきます。
ドリルが貫通する直前、ドリルの回転に抵抗を感じます。
ちょっと重くなったなと感じたところで、無理に回すとドリルが折れます。
いったん反時計方向に回し、再度時計方向に回すとドリルが貫通し、再び回転が軽くなります。
削りクズが黒っぽい金属から、白っぽい木に変わったら、貫通したという証しです。

この要領で、ひたすら、穴を開ける、穴をあける、穴を開ける、穴をあける、穴を開ける、穴をあける、穴を開ける、穴をあける、穴を開ける、穴をあける、穴を開ける、穴をあける・・・・・・。

これを繰り返して28箇所。
だああああああ~!やってらんね!
と思ったら、迷わず作業を中止して一息入れますw

ビームのツメへの穴あけが終わったら、今度は平面部。
割り箸の厚みが足りないので、2枚重ねて台にします。
ただ重ねただけでは不安定なので、割り箸を両面テープでくっつけたら、いい感じでした。

0208.jpg

やっと出来た・・・。
ここまでの所要時間、約3時間(泣)
0209.jpg

つづけて、第3刊の大骨への穴あけに取り掛かります。
こちらは1mm径で6箇所なのでビームへの穴あけに比べたら、はるかに楽でした。
こちらも、割り箸を台にするわけですが、ひとつだけだと斜めになるし、不安定なので、
割り箸を写真のように2本使ってみました。

0302.jpg

そして、今度は第4刊の大骨。以下同文w
0402.jpg

今日の進捗。
ビームと大骨の穴あけ、完了!

0502.jpg

明日は、骨の組み立てに取り掛かります。
エンジンブロックは・・・手が回りそうもないですねえw

はぁ~、やっぱり、一夜漬けで連日の作業は疲れますね。
とくに、エンジンのシリンダの組み立てなど、同じ作業の繰り返しは、地道に1日1個~2個というのが、精神衛生上よさそうです。

来週は、毎日1個、シリンダブロック組み立てしようかなあ。
コメント
写真撮影しながらの穴開けお疲れ様です。
自分も始めは手作業でやっていたのですが、いい加減イヤになったのでリューターにキリをセットして一気に穴あけをしました。
そういえば、毎回可愛い女の子のCGを登場させるんですか?
なんだか楽しみが増えます。(^^)
>杉さん
穴あけは、ほんとに何行苦行でしたね^^;
リューターでの穴あけも考えないではなかったのですが、精度が必要な部分だと思い、指示通りの作業としました。
腕に覚えのある方なら、自分流で作業をショートカットしてしまうのも良いかと^^

CGの女の子に関しては、別コメントにて~。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。