スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お遍路行ってきました。

2009.03.14.Sat.17:17
とは言っても、本当に四国八十八箇所を回ったわけではなく、秋田セリオンのセリオンプラザでの催し物で、四国八十八箇所の各お寺のご本尊様の絵姿を掛け軸にして展覧し、それを順番に回って拝むことで、実際にお遍路さんを回ったのと同じ功徳を積めるという、有難い催しなのです。(ちょっと棒読み)
いわばバーチャルお遍路さんといったものですなw

TVのローカル情報番組で紹介されていたようで、昨日からお母んが「行きたい!」と言っていたわけですが、セリオンのイベント情報にも載っていないし、「やってないんじゃね?」と思っていたのです。

ところが今朝の情報番組で再度紹介されていたのを見て、やっぱりやってる。ぜひ行きたい!とのお達し。
両親の年齢を考えると、今生でお遍路さんに行くのはまず無理。
それならば、ということで荒天を突いて行って参りました。

うちは曹洞宗で、真言宗じゃないんだけどね。まあ、お遍路も宗派は問わないらしいし、そのへんはどうでもいいかw


RIMG0008s.jpg

Wikipedia 「四国八十八箇所」


入場料1500円。各ご本尊に収める御札88枚つづりが2000円。で、一つ一つのご本尊の前にはお賽銭箱が。各10円としても880円。さらに、最後に修験者装束のお坊様にお布施をしたうえで清めてもらう。(※)
このお布施は気持ちなので額は決まってないのですが、大体1000円~3000円。
〆て、最低でも5380円也。
坊主丸儲けとはこのことだよなあ~w

とは言え、miluraはこの催しは否定しません。むしろ、積極的に肯定!
昔から、富士講というものがあって、江戸の街中に築いた小山を富士山に見立て、それを登ることで霊山に詣でたと同じ功徳を積めるとする催しがあったとか。
ぶっちゃけ、商魂たくましい香具師の商売っぽいですが、解っててそれに乗る善男善女の信心が大事だと思うのですよ。これなら、体力が無くて行けない年寄りや病気の方も、お遍路さんの功徳が積めるわけで。
「南無阿弥陀仏」の念仏も、学が無くてお経なぞ読めない人が、お経を読んだと同じ功徳を積むことができるとしたわけで、大乗仏教の繁栄の根幹となったのだと思います。

だから、こういう商売はあっていい。
いかがわしい新興宗教で高い壷とかを売るのとは違います。

自分も普段は信心なぞしていないのですが、定年退職して余裕があったら、本当にお遍路さんまわるのもいいかなあ、なぞと思ってしまいました。

全て回ったあとに食べた、四国の名産品店で売ってた笹餅、美味かったですw

※追記
八十八箇所すべてを回って「結願」(けちがん)したあと、高野山にお参りして、はじめて「満願成就」となるそうです。
これは、それを模したものなのですね。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。