スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メカコレ ジェットビートル

2016.02.02.Tue.00:20
バンダイのメカコレ 宇宙戦艦ヤマト2199のシリーズに続き、なんと!
ウルトラシリーズメカの登場です。
その第一弾が、これ。
ウルトラマンの科学特捜隊 ジェットビートルです。

SSSP_JV1-00.jpg

ウルトラメカと言うとまず思い浮かべるのはウルトラホーク1号、ポインター、ウルトラホーク3号ときて、その次あたりがジェットビートルなのですが、作ってみて改めて発見するところも多く、楽しい模型でした。
ランナーはこんな感じ。
ほぼ赤い部分と銀の色に分けられた色プラ状態です。部品追加で宇宙ビートルも出ないかなあ?
SSSP_JV1-02.jpg

サクサクと組み立てて、あっという間に仮組み完了。
合わせはさすがバンダイ!の出来のよさです。
ウェルドが無ければ、このままでもいいくらいだなあ。

赤ライン部品のドア部分を勢いで削ってしまい、線だけを目立てヤスリで再生。
この部分はエッジが甘いので、プラ板で新造したほうがいいかもしれません。
SSSP_JV1-03.jpg

ばらして、銀塗装の下地としてMrカラー2番 ブラックで塗装。
この時点で部品A11を紛失してるのに気がついた。
SSSP_JV1-04.jpg

A11はスタンドで隠れるので、よしとすることに・・・。
SSSP_JV1-05.jpg

銀はMrカラー8番、赤は79番シャインレッドで塗装。
SSSP_JV1-07.jpg

翼と垂直尾翼の赤および方向舵の黄色はデカールで用意されています。
SSSP_JV1-08.jpg

まずは窓と翼の赤を貼り付け。
写真だと違和感無いけど、肉眼で見ると反射の違いか、違って見えます。
窓は位置あわせがかなり厳しいので、エナメルで吹いて窓枠はふき取りにした方が簡単かもなあ。
垂直尾翼はけっこう無茶振りだと思ったんだけど、案の定失敗しました(泣)
塗り分け部分は最初から塗装にした方がいいかもしれませんね。
順番としては黒>銀>白>赤>黄って具合がいいかな。
塗膜の厚みに注意!ですね。
SSSP_JV1-09.jpg

科特隊マークも貼って、完成!
それなりに出来たなあ、と悦にいっていたのですが、ここで間違いに気がついた。
SSSP_JV1-10.jpg

ミサイルは銀じゃないやないかあ!
SSSP_JV1-11.jpg
Youtubeで関連動画を見ても、ここは白いのでした。
ジェットビートルにはSIII号機のほかに117、118号機もあるのですが、少なくともSIII号機は白いらしい。

気を取り直して再度ばらして塗りなおして、今度こそ完成!
SSSP_JV1-12.jpg

というわけで、以下ギャラリー。
写真で見ると、アラがけっこう目立つなあ。
SSSP_JV1-13.jpg

SSSP_JV1-14.jpg

SSSP_JV1-15.jpg

SSSP_JV1-16.jpg

噴射口は穴をあけて、LED仕込んでも面白いかもしれませんね。
SSSP_JV1-17.jpg

こうして作ってみて、ジェットビートルについて、かなりアバウトにしか覚えていなかったことを思い知らされました。
ビートルに白い部分があるなんて、初めて知りましたよ。
調べてみるとジェットビートルにはこのSIII号機のほかに117号機や118号機もあり、117号機は換装して宇宙ビートルにもなりました。
さらにウルトラマン以外でも、映画「怪星ゴラス」で国連VTOL機として登場しています。
WikiによればSIIIではなくS111であり、117、118のほかにS115号機も登場したとの記述も在りますが、未確認です。

いずれにせよ、複数作ってバリエーションを楽しむのもお手軽ですし、とてもいいキットだと思います。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。