スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ 1/48 M4シャーマン初期型(2)

2014.12.14.Sun.17:51
M4シャーマン初期型 組み立て完了しました。

M4A1_17.jpg
前回の続きから。
転輪とボギーの組み立て。
ボギーには2種類あって、左右もあるので要注意。
M4A1_07.jpg

今のうちに台座に固定用の穴を開けて起きます。
ナットをつけるのもいまいち面倒だったので、タップを使って、直接車体にネジを切ってしまいました。
M4A1_08.jpg

転輪を瞬間接着剤の点付けで仮止めして、キャラピラを組み付けました。
基本的に組立説明図の順番に沿って組み立てていけばいいんだけど、
このキットの場合、漫然と組んでいくと一コマ分短くなります。
そこで、起動輪と誘導輪に一コマづつ着けていくところで、気持ちスキマをあけて組んでいくとよろしいようで。
M4A1_10.jpg

一晩放置して接着剤が完全硬化したら、こんな具合に取り外しできます。
M4A1_09.jpg

下回りが終わったら、今度は上部車体の組み立て。
M4A1_11.jpg

この車体、一体成型なのはいいけれど、なぜか下がスッカスカ。
覗き込んだら、がらんどうの中身が見えてしまいます。
M4A1_12.jpg

そこで、プラ板でフタをすることに。
適当に寸法を測って、104mm×9mmに切り出します。
定規を使ったのでは均等なケガキ線が引けないので、ノギスを使ってケガキました。
M4A1_13.jpg

フタ付け完了。
車体との間に1mmほどスキマがあるけど、ほとんど目立たないのでこれで良しとします。
M4A1_14.jpg

車体の組み立ては、特に説明するほどのこともなし。
説明図どおりに淡々と接着していきます。
小さい部品は、こんな感じでランナーを残して接着。こうすれば、ピンセットで飛ばしてしまうこともない。
M4A1_15.jpg

上部車体の組み立て完了。
ライトガードの厚みがオーバースケールなのだけど、1/48だととても精度が出せそうに無いので、ゴツいままです(笑)
M4A1_16.jpg

砲塔はあっという間に組みあがったので、途中写真なしw
とりあえずはこれで組み立て完了です。
砲の先端が別部品で、接着してすぐにヤスリをかけると、外れてしまって床を這いずり回ることになります。
M4A1_17.jpg

反対側から。
アップリケ装甲がなかなかチャームポイントですね。
この辺は内部に砲弾架があり、ここを撃たれるとイチコロだったとか。
そのために増加装甲板を溶接したのだけど、かえって「ココ撃って」って的になって余計にヤバくなったとかw
技術者が机上だけで対策すると、そんなことになるんですねえ。
M4A1_18.jpg

前。
ここにも増加装甲ってことで、斜めに板を立てかけて溶接しています。
カッコいい悪い以前に、こんな急場しのぎの意味不明な装備があるあたり、いかにも「初期型」って感じがしますね。
M4A1_19.jpg

後ろ。
M3リーからの正常進化って・・・いうのか?
そのままじゃんw
M4A1_20.jpg

通常ならこのあとはサフ吹いて塗装に入るのだけど、アメ戦車の場合はまだやることがあります。
そう、ゴチャゴチャと詰まれた荷物やジェリ缶をつけていくのですな。
それこそがアメ戦車の楽しみなので、もうちょっとがんばってみます。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。