スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙戦艦ヤマト2199 メカコレ ナスカ級 その2

2014.10.13.Mon.12:59
先週からつづきです。
とはいっても、毎日ちょこちょこといじってたんですけどね。
いきなり完成写真で、ククルカン級とツーショット。
つまり、今回で完結です^^

nasca27.jpg
三角のスリット部分。
まずは、白で下塗りした上から、Mrカラーの黄色を吹きました。
nasca11.jpg

黄色が乾いたら、タミヤエナメルの黒で筆塗りして、トラ縞にします。
本来はスリットみたいなんだけど、まあいいやね。
nasca12.jpg

先端の、虫の複眼のようなガトランティス眼を塗るべく、マスキングテープとマスキングゾル改でマスキング。
マスキングゾル改は水で薄められるし、乾いてからカッターで切ることもできるのでオススメ。
nasca13.jpg

カッターで切って、奥まったとこに入り込んだゾルを取り除くためにカッターでコリコリやったので、下塗りの白の塗膜がはがれてしまったので、再度白を塗りました。
このへん、作業工程の順番をよく考えないとね。
nasca14.jpg

んで、Mrカラーのオレンジ原色を吹きました。
nasca15.jpg

マスキングをはがしてみると・・・うんうん、いい感じ。
一部色が乗ってないとこがあるけど、この程度なら筆塗りでリタッチでOK。

nasca16.jpg

今度は、複眼と白甲板をマスキング。
基本色の塗装に備えます。
nasca17.jpg

こんな感じで基本色を塗装。
色は諸説あるけど、MrカラーではガンダムカラーのMSグリーンがドンピシャ。
nasca18.jpg

マスキングを剥がしてみると・・・吹きこぼれも無く、いい感じに塗れました。
nasca19.jpg

裏側もOK。
nasca20.jpg

実は、マスキングを剥がすときに、右舷のトラ縞の黒が取れてしまっていたので、拭き取って、もう一度タミヤエナメル黒で塗りなおしました。
nasca21.jpg

最後に、白甲板上の黒三角マークの黒を塗るため、マスキング。
やり方はいろいろ迷ったんだけど、甲板にマスキングテープを貼って、透けて見える輪郭線に沿ってカッターで切りました。

nasca22.jpg

このとき、カッターに力をいれてはいけません。刃がそれてしまいます。(←やっちまった奴)
吹きもれしそうなところを、マスキングゾル改筆塗りで目止めしておきます。
たとえ結果的に無駄な作業だったとしても、転ばぬ先の杖です。
黒はMrカラーのウィノーブラック。純生の黒という感じで、色味の無い黒です。

最後に、タミヤエナメルのオレンジで艦橋窓に色をさして、完成~。
nasca23.jpg

nasca24.jpg

nasca25.jpg

nasca26.jpg

今回、スミ入れはガンダムマーカー水性でやってみましたが、ぼかしペン拭き取り用では、拭き取り加減がいまいちでした。
イソプロピルアルコールと綿棒でやると、いい感じなのかも。
基本色は塗らないで、成型色を生かしたほうが、仕上がりが綺麗かもしれません。

ガトランティス艦は、リベンジ用のククルカン級とラスコー級もあるので、次は基本色なしのパチ組みで試してみようかな。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。