スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メカコレ ヤマト2199 ガミラス艦

2014.06.29.Sun.16:51
今日は6時前に起床して愛車を洗車。
昨日購入した高圧洗浄機を試してみました。
型番はAJP-1620。ミドルクラスの最上位機種だぜい。
なかなかいいっすね、高圧洗浄機。
車がかなりきれいになった気がします。
でも、がっつり洗おうと思ったら、手間という点では手洗いと大差ないかなあ。
毎週、お手軽に洗うというのには適しているかもしれません。
Web相場よりも1万円近く安く変えたし、いい買い物だったかな。

洗車したあと、一休みして。
まだ時間があるのでふと思い立ち、積どくしていたプラモデルを消化することにしました。
作るのはこれ!
IMG_2324.jpg
バンダイから毎月のようにリリースされている、宇宙戦艦ヤマトのプラモです。
来月のドメラーズIIIで一応主要な艦艇は一回りして、第二段階という感じで新メカコレシリーズのリリースが開始!
その第三弾、ガミラス艦です。
旧メカコレシリーズも持っているのだけど、そのフォーマットを踏襲したつくりになっていて、お手軽にヤマトのメカを楽しむことができるようになっています。
ヤマトやゆきかぜも買っているのだけど、このガミラス艦が一番お手軽そう。

ランナー構成はこうなっています。
あ、目玉のシールが写ってないや。
どうせ使わないし、まあいいか。
IMG_2325.jpg

目玉は塗装で行きます。
IMG_2327.jpg

銀で塗ったのだけど、シャインシルバーは粒子が大きすぎた・・・。
IMG_2330.jpg

シルバーの上からクリアイエロー。
IMG_2331.jpg

さらにクリアオレンジでグラデーション・・・うまくいかなかった。
急ぎすぎたかな?
IMG_2333.jpg

目玉が乾くのを待つ間に、ほかのパーツをどんどんランナーから切り離して、ゲート処理して割り箸に両面テープで貼って塗装の準備。
魚類をモチーフにしてるだけあって、ぱっと見、串焼き状態w
IMG_2335.jpg

塗装はクレオスのヤマトカラーから、ガミラスグリーン1をチョイス。
塗装が乾いたらぱちぱちと組み立てて、あれよあれよという間に形になりました。 早や!
半つやなので、表面がテカっていまいちおもちゃっぽいかな?

IMG_2341.jpg

IMG_2345.jpg

IMG_2346.jpg

つや消しトップコートを吹いたら、いいぐあいにテカリがなくなって、雰囲気がよくなりました。
うーん、この出来なら、塗装しなくても同じくらいだったかもねw
エナメルで汚しをかけるつもりだったけど、しなくてもいいかも。
とりあえずはこれで完成にしよう!
ここまで、11時ごろから始めて15時でした。

かっちょええ!!
IMG_2354.jpg

後ろから。
唯一できる合わせ目も、おもったほど目立たないこの精度。
IMG_2358.jpg

斜め前の構図がやっぱいいよね。
失敗したと思った目玉も、つやが消えたら結構いいかも。
IMG_2359.jpg

比較対象物がないので大きさがわからないけど、これで12センチそこそこです。
数を集めてズラっと並べると、なかなかに楽しそうです.
ダイソーのコレクションケースにでも飾っておくといいかもね。

ヤマトとゆきかぜ、ランベアも買ってあるので、こんどはゆきかぜでも作ってみようかな。

6/30追記
その後、タミヤのスミイレ塗料<ブラック>でスミイレ。
IMG_2360.jpg

さらに、タミヤウェザリングマスターEセットのグリーンでドライブラシ&フィルタリング。
塗りっぱなしに比べて、カタマリ感が出て重厚、使い込まれた風合いでいい感じになったと自画自賛。
これにて本当に完成とします。

IMG_2380.jpg

IMG_2382.jpg

IMG_2384.jpg

IMG_2386.jpg
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。