スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/35 73式小型トラック(機関銃装備) 02

2014.04.06.Sun.15:33
今日は天気もいいので、愛車のタイヤを夏タイヤに履き替え、洗車しました。
冬の間に細かい傷がついて、心の傷も増えていく・・・。
一番痛いのがボンネットの傷でした。
カラスがクルミの実でも落としたらしく、5mm径くらいの凹みができて、
塗装面に下地まで届く傷がついていました。
板金に出すほどでもないので、剥げた塗面をタッチアップするに留めましたが・・・。

ううむ、カラスゆるすまじ。
「三千世界のカラスを殺し主と朝寝がしてみたい」とは言いますが、マジでころしたろか。

木曜日にエッチングパーツが到着しました。
これでパーツも揃いましたので、73式小型トラックの製作に入ります。

ech03.jpg
とりあえずはパーツの確認。

Aパーツ シートとタイヤ、フロントグリル、他は車体上につく内装パーツです。

73_01.jpg

Bパーツ フレームとサスペンション他の足回り。
73_02.jpg

Gパーツ ブローニング機関銃。自衛隊用語ではキャリパーというらしい。
73_03.jpg

ボンネットとボディ
73_04.jpg

この73式小型トラックは米軍のウィリスMBジープと似ていて、ずっと同じ車両だと思っていたのですが、ボディを比べてみると全然別物でしたw
上がウィリスMB、下が73式です。73式のほうが一回りでかいです。
73_08.jpg
wikiによると、三菱で70年代までジープのライセンス生産を行っていたが、防衛庁(現防衛省)の要求によって、積載量向上を図って、J-24型からの改良したもの、とあります。

Cパーツ 透明パーツで、窓とヘッドライトがあります。
73_05.jpg

エッチングパーツ。
全部使う必要はなく、適材適所で使って生きたいと思います。
73_07.jpg

まずはStep1。
ボディにフレームB31とはミッションB21、補器B23と付けます。
簡単簡単・・・って、いきなりオプションディテールアップマークがあります。
これは、お好みでエッチングパーツに置き換えるわけですね。
73_09.jpg

で、ここではなにをするかというと・・・。
後部バンパーのステップをエッチングに換えるのかな。
73_10.jpg

実車ではこんな感じ。
左側はスペアタイヤがあって使えないので、ステップ板は付いておらず素通しらしい。
73_11.jpg

プラパーツでは、右側はふさがれて、滑り止めパターンがモールドされているけど、実感に乏しい。
(写真撮り忘れた・・・)
ここは換えるべきですが、エッチングを丸くするのが面倒だし、イモ付けになるので強度が不安。

なので、右側はドリルで開口して、リューターで成形。
ついでに左側も、軽くウスウス攻撃。
右側はいまいちガタガタだけど、見えなくなるからいいのだw
73_14.jpg

で、右側ステップにエッチングパーツから切り出したステップ板を取り付け。
ちょっと瞬間接着剤がついたけど、あとでブラシがけして落とそう。
73_15.jpg

で、ボディに穴あけ指示があるけど、いまいち判りにくい。
ファインモールドさんに、補足説明書がアップされています。
ファインモールド 補足説明書 http://www.finemolds.co.jp/sonota/FM35hosoku.html

てなわけで、穴あけ完了。
73_13.jpg

左右のステップに、エッチングのN018、No19を付けてみました。
73_16.jpg

73_17.jpg

さらに、このステップでは前部アンテナマウントNo5が付くのですが、これ、ググってみても詳細が判る写真が見当たらない。
1枚だけあって、非常にかっこいいのですがねえ。
無理に付けるまでも無いので、No5は見送り。


このキット、塗りわけはほとんど黒とOD色なんだけど、全部組んでからだと塗りわけがしんどそう。
なので、組み立てが必要になる寸前まで各パーツを成形して、まとめて塗ってから組むことにします。

次回は黒パーツをひたすら成形していきたいと思います。
というわけで今回はここまで。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。