スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんこうチーム IV号戦車 黒森峰戦仕様 その6

2013.03.26.Tue.23:27
現在の進捗・・・サフ吹きました。
昨日は可動式履帯をもう片方組むだけで終わってしまったもので。

IVH89.jpg

塗ったのはタミヤのファインサーフェイサー<ライトグレイ>です。
プライマーサーフェイサーなので、エッチングパーツの塗料定着がこれ一つでできます。
同じくサーフェイサーという商品名でも、CGIクレオスのはプライマー成分はありません。

目的は地色の統一と金属部分への塗料定着なので、細部に回りきっていなくても気にしない。
可動式履帯の組立は、おとつい四苦八苦したおかげで、要領がつかめてきたようです。
なにしろ数が多いので、一気に作業できるように工夫することが重要。
最初に必要なだけの履帯と連結ピンをもぎっておくといい。

作業環境を改善して、こんな風に配置しました。
こうすると、作業が途切れないので気持ち的にラクチンです。
IVH85.jpg

組立にはトロトロタイプの接着剤とヘッドルーペがあればいい。
ピンセットは必要ありません。
写真の赤線のところで回して反転してもぎれば、きれいに取れます。
IVH88.jpg

たまに履帯パーツの接合面にちぎれたプラが残っているので、ニッパーやヤスリで軽く整えるくらい。

最終的にこんな感じになったら、砲弾型のランナーを押し込みながら回すと、ポロポロと取れてきます。
ピンが脱落することがあるので、引っ張りながら回すのは厳禁。
ランナーが取れたら、もう一度ピンの頭にちょっとだけ接着剤を塗って完了です。
接着剤を塗ることでちょっと溶けて、切断面が整います。
IVH87.jpg

さーて、明日からいよいよ塗装に入ります。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。