スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 タミヤ パンターG型(3)

2013.02.26.Tue.22:12
迷いに迷ったすえ、迷彩塗装にしてしまいました。
アルデンヌ戦で見られた、光と影の迷彩にしてみようと思います。

実はこの迷彩は初めての試みだったのですが、かなり苦労しました。
48panterg08.jpg

まず、色のきわのボケ具合がなかなかうまい具合に行かない。
エアブラシはタミヤのHGスプレーワークにHGエアコンプレッサーの旧型を使っているのですが、風量を調節するレギュレータがついていないのですよ。
初心者向けのベーシックなもので、そこそこ使えるのですが、はっきり言って1/48の模型には向きません。
ボケ具合の調節は指先の感覚に頼るしかなく、はっきり言ってムリ。

エアブラシ2台目の導入を考えないとあかんかな、と思っています。
正面。うん、なかなかいい感じ。
48panterg09.jpg

右側。砲塔部分の模様がいまいち気にいらず、ダークイエローを塗り重ねたあと再度ブラウンで調整。
ドイツ軍迷彩のぐねぐねとした不定形は感じが足りないです。
はっきり言って、いまいち。
48panterg10.jpg

後ろ。
集中力がなくなってるのがありありと判りますw
48panterg11.jpg

グリーン、ブラウンの順に吹いたのですが、イエローが変にグリーン味を帯びてしまったので、模様の調整がてら
最後にダークイエローをもういっぺん吹きました。
最初にやったシャドウ吹きの効果は、この時点で台無し(;´д`)トホホ…

参考に覗いたAFV系のサイトで、「迷彩はライブ感が命」との言葉に刺激され、組立説明書の塗装図はあくまで参考にしました。
まあ、ぱっと見ドイツ軍の迷彩以外には見えないので良しとしますか。

で、このあとは斑点を書き込むわけですが、その前にデカールを貼りました。
斑点もバランスが大事なので、全体像が見えたほうがいいかな、と。

48panterg12.jpg

右側が気持ち曲がってしまった気がするヽ(´Д`;)ノアゥ...
48panterg14.jpg

後ろはあんまり見られたくない・・・。
48panterg13.jpg

真上から見ると、全体像がよくわかりますね。
1/48の迷彩塗装は難しいです。
48panterg15.jpg
コメント
黒い十字のデカールを見ると「黒森峰」って字が
見えてくるのは病気だろうk

ってか、シングルアクションのブラシだけで吹いたの!?
それならすごすぎる・・・w
自分はシングルをサフ用に、ダブルをメインに
使ってたー
コンプレッサーは一緒だw
そしてグンゼのL5を買いました。
数年前に買って一度も開封せず眠ってまs(((

ダブルで!
黒森峰のマークは十字軍の鉄十字ですから、ドイツ軍のそれとはある意味同じですからね。
フィンランド軍の三突は許せても、イスラエル戦争のはやはり違うと思ってしまいます。
ミートボールと揶揄されても、やはり零戦には日の丸がよく似合うのと一緒です。
迷彩の最初のひと吹きはもう、躊躇で手が震えましたw

エアブラシはダブルアクションです。
根元のニードルストッパーで吐出量を絞ることである程度はボケをコントロールできても、指先の風量調節がどうしても一定にできませんでした。
グンゼのL5、いいなあ。眠らせてるとはもったいない!
ぜひ使ってあげてください^^

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。