スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/1000 宇宙戦艦ヤマト(1)

2012.09.23.Sun.17:27
なかなか手をつけることができなかったのですが、思いきってはじめることにしました。

IMG_0239.jpg

いろんなサイト様を廻ってみて、みなさんがそれぞれの「ヤマト愛」をこのキットにぶつけられてるのを見るにつけ、そろそろ自分の手元にも、手にとって見ることができるヤマトをおくべきだと考えた次第です。

実はこれ、2つ購入してまして、とりあえずは素組みで色だけ塗って仕上げることにします。
組立説明書を見ると、いちばん最初に飾り台の組立から入ります。

IMG_0267.jpg

あとあと、艦体ができてからの作業台になりますので、素直に従います。
軽くパーティングラインを消して、形にします。接着剤を使わずとも、十分がっちりした出来です。
穴はコスモゼロやコスモファルコンを飾る台座がつくのですが、使わないので後で穴を埋めてしまうつもりです。

IMG_0272.jpg

次に、艦体前半部の組立て。
接合部に軽くヤスリをかけてやると、隙間なく組みあがります。

IMG_0275.jpg

キモとなる艦首も、接着剤を使わずとも、このとおりぴったり合わさります。
とは言っても、やはり線は見えてしまいます。

IMG_0276.jpg

今のところ仮組みも兼ねているので接着はしませんが、本組みの時にはがっちり接着しちゃいます。

次は、艦底前半部の組み付け。

IMG_0268.jpg

難なくできてしまいました。

IMG_0281.jpg

艦底の接合部も、軽くヤスリをかければこのとおり。
接着してペーパーがけすれば、簡単に継ぎ目消しできそうです。

IMG_0283.jpg


問題は青線のあたりに微妙な段差ができることですが、ここの接着の際に強引に合わせてからペーパーをかければ良さそうです。

IMG_0282.jpg

ここで、飾り台に乗せてプロポーションを見てみました。
うーん、いい曲線してるわあ。

IMG_0285.jpg

お馴染みのアングルから。
かっけええええ!
波動砲の部品が、写真ではかなり段差が見えますが、きちっと合わせればぴったりになります。

IMG_0288.jpg

さて、艦体後半部になりますが、ここが難物。

内部を見せるメカニックモデルになっている関係上、複雑な組み合わせになっていて、隙間も目立ちます。
隙間の原因はダボが干渉するためなので、ダボの一部をニッパーで切ったり、削ったりして調整しました。

でも・・・写真撮り忘れた・・・。
あとで接合するときに紹介します。

で、ここで色塗りしちゃいます。
ヤマト内部の色なのですが、指定では艦内色として緑がかった灰色を混色するように指定されているのですが、どうも違います。
DVDでは、ヤマト艦内・・・というか格納庫内は緑色の壁になっています。
零戦コクピット色かな、とも思いましたが、心なしかメタリックが感じもあります。

IMG_0303.jpg

なので、思い切って青竹色にしてしまいました(笑)
写真では青っぽく見えていますが、実際にはもうちょっと緑がかっています。
他の関係部品も、同時に塗ってしまいました。

IMG_0296.jpg

こんな感じになりました。
ちょっとクリヤーグリーンを加えても良かったかな。
イメージ優先だし、帝国海軍へのオマージュってことで、これでいいのだ!

IMG_0301.jpg

次回は、波動エンジンと、難関との呼び声も高い、リボルバー式格納庫にとりかかります。
コメント
箱絵も素晴らしいですね!
前方から写したプラモの写真もかっこいいです。
私は毎年プラモ愛好家の人たちが開催する展示会を見に行くのですが、やっぱりヤマトはその中でもガンダムと肩を並べて主役級です。
自分はプラモ作りは下手でやらないのですが、プラモや模型を見るのは好きです。

先日松本零士展があり今年も見に行きました。
偶然ですがその時、先生ご本人が来場されて講演会をされました。
例の海賊マークの帽子をかぶって出てこられたときは、それこそアニメの世界から現実に出てこられたようで不思議な気持ちがしました。
年齢にも関わらず、係りの人が椅子を勧めるまで、立ったままで平気でしゃべる続けようとされたので、元気だなと驚きました。
主に戦闘機乗りだったお父さんのお話をされました。
Re: 箱絵も素晴らしいですね!
この箱絵は誰が書いたものか署名がありませんが、その昔スタジオぬえの宮武氏の下絵を加藤画伯が仕上げたものを彷彿とさせますね。
ヤマトプラモは静かにではありますが、根強いファンが地道に作り続けててこられたんだなというのを、ひしひしと感じられます。
松本零士展、いかれたのですね。
なんだかんだ言いつつも、昔夢中になった作品群は今も色あせません。
今でも現役で創作に携わってらっしゃる方は、やはり違うんだということでしょうかね。
人間、そうありたいものです。
ども、某MMORPGで傍観者と緑をやっとりますw
NCが終ったのでFC2に引っ越してきました。
また遊びにきま~すヽ(*`)ノ
 
積みプラモ消化したいhhh
Re: タイトルなし
傍観者さん、いらっしゃいませ。
NCのやり口は一方的でかつ拙劣ですね。
リネ2が終わったら、二度とかかわらないと思います。
積みプラ・・・すでに一生分超えてます><
★お久しぶりです!
ヤマト熱いですね!
新作の方は・・・キャラが萌えに走っとりますね(苦笑)
メカの描写の方はものすごく燃えます!さすが出渕裕!!
いつかmiluraさんデザインの女性クルーも見たいですね〜!!
それではまた!
Re: タイトルなし
福戌さん、いらっしゃいませ^^
はい、キャラ萌えですねw
最近は意識して決まった顔、髪、お肌の組み合わせにしています。
顔はkurohaneさんのSaya for A4、肌はManihoniさんのAnny A4、髪はMelodyHairというのを使ってます。
そういや、会社にこんな髪型の女性がいるなあ。

2199のメカ描写は出色の出来で素晴らしいですね。
出渕監督の演出もさることながら、玉盛氏の設定がすごく良いです。
田舎なので劇場では観ることが出来ないため、DVDで我慢してます。
このさい、BDを導入すべきですかねえ。

女性クルー、いいですね、
実は既存のキャットスーツでユニフォームを途中まで作ってました。
山本玲がとてもいいですね。森雪よりも松本美女っぽいんじゃないかな。
★>>はい、キャラ萌えですねw
紛らわしい書き方ですみません!新作ヤマトのキャラのことでした!
なんだか最近のマクロス化してるな〜と(笑)

miluraさんのキャラデザインは絶妙なさじ加減でメッチャ好みなんです!!
女性クルー見たいです〜!!
なるほど、2199は旧作に比べて萌え度が2倍増しですよね。
アホ毛も当初から取り沙汰されていますし、第三章ではメイドさんまで登場していますから、そう言われても仕方ないかな。
・・・だが、それがいい(笑)

旧作との違いを嫌っている方が見受けられますが、違うからこそ新鮮な気持ちで観ることができます。

自分的には、山本玲がツボです。

女性クルーの件、善処いたします^^

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。