スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽炎型 その2

2011.11.23.Wed.23:11
色気もなにもない艦船の画像ばかりになると管理人が面白くないので、まったく関係なく女の子画像を載せることにします。

A3_Winter01_1200.jpg

ひさびさにAiko3を使ってみました。
Forum3Dの「お題でレンダ」企画で、今回は「My Favorite Figure」とのことで、ひさびさに使ってみました。
女の子が男物のジャケットを着てるのって、萌えますね。
背景はホリゾントに写真を貼り付けたもの。
これってお手軽なわりに、結構さまになります。

てなわけで、陽炎型の本日の進捗は・・・。
艦橋まわりを作って見ました。

Shade画面はクリックすると拡大します。
kagerou01_image02.jpg

艦橋本体にウイングと旗流甲板。
窓と窓枠は別にして透明度を適用。おお、いいじゃん。
天蓋はウイング+旗流甲板の線形状を使いまわして、サクサクと進めます。

午前中でここまでできました。
透視図面は、プレビューレンダ レイトレース設定の画像です。

午後の部。
kagerou01_image03.jpg

天蓋に装備を実装。
九四式方位盤照準装置。
その上に3メートル測距儀。
照準機の前に、六十六センチ測距儀。

じつは、六十六センチ測距儀まわりの天蓋は開口しているのですが、気がついたのは作ったあと。
「雪風」の艦長は戦闘中、よくここから顔を出して指揮を執っていたとの逸話もあります。
あ、今頃になって、ここの風除けの形状間違えていたことに気付いた。
・・・えーい、今度の土日にしよう(泣)

旗流甲板の下には電探室があります。
ここは形状が良く判らず、写真や模型をためつすがめつして、やっと把握できました。
なんと旗流甲板を天井代わりにした、吹きっさらしの露天なんですねw
オシロスコープに毛が生えた程度とはいえ、当時としては精密機械をそこに置くかね??
護衛艦で言えばCICに当たる装備なのですが、、、。

あとは手旗信号台と電信電話線、手すりをつければいいのかな?

このあとは吸気口と煙突を作るか、舷窓を作るか、迷ってます。
モンキーラッタルやジャッキステーもつけないとね。
コメント
見た目は次世代フィギュアみたい
Aiko3、まだまだ現役でいけますね。
私の場合はV3になるんでしょうか、久しく使ってないので懐かしいです。

子供の頃は戦艦大和や轟天号などの艦橋を訳もわからず真似をして描いていましたが、やっぱり部品一つ一つに意味があるんですね。
絵に限らずモデリングもそれを知っているのと知らないとでは出来が大きく違ってくるんでしょうね。
この記事をみてそう感じました。
Re: 見た目は次世代フィギュアみたい
> Aiko3、まだまだ現役でいけますね。
Aiko4やV4の資産も増えていますが、Aiko3の資産もまだまだいっぱいありますからね。
古いからといって、車やPC、ニョーボと違って劣化しませんから、ユーザー次第でいつでも現役ですよね。

> 絵に限らずモデリングもそれを知っているのと知らないとでは出来が大きく違ってくるんでしょうね。
どんなメカニックも人間が使うことを前提にしている限り、使う人間を意識することでリアリティが出ると考えています。
一見冷たいメカも、「おお、こうなってんのか、すげえなあ」とか、「なんだこのオタンコナスな設計はw」とか、設計者の意図と使う側の人間のギャップに思いを馳せると、人間的な温かみに満ちているのですよ。

モノづくりに携わる人間としては、そういった人間的息吹を大事にしたいと思ってます^^
大上段なこと書いちまったなあ。大丈夫か、オレ?

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。