スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

螺旋階段作って見ました。

2011.10.02.Sun.00:20
Shadeでモデリングしてobjにして、Poser小道具にしたのですが、、、Poserで使えるものの、なぜかpp2ファイルが生成されません。
なじぇ??

V4_SpiralStair01_1200.jpg

とりあえず、キャリアウーマン風のおねえさんを配置してテスト。
うーん、なんだかダサダサ。
もっぺん、デザインとか見直すべきかね。
ポリゴンの粗密がいまいちなので、スムーズポリゴンをONにしないとカクカクだし。
Objの面が裏返しになってたりするし。
ちょっと気分凹み気味・・・。

追記:sannziさんのご教示により、解決しました。
sannziさんからご教示をいただき、解決しました。
とりあえず、覚書きしておきます。

互換性ファイルって、なんだろ?
Windows標準の機能なのか、Poser7jの機能なのか、判然としませんが。

問題は、このようにPoserに取り込んで生成した小道具(pp2)ファイルが、WindowsのExplorerからフォルダを開くと、pp2ファイルが生成されていない(見えない)という問題でした。

milura_Poser_Props.jpg

で、sannziさんのご教示によると、同じフォルダ内に「互換性ファイルフォルダ」という隠しフォルダが生成されていて、通常は非表示らしく、その中に生成されているのではないか、と言うこと。
で、ツールバーだかタスクバーだかにある「互換性ファイル」ボタンをクリックすると・・・

milura_Poser_Props_02.jpg

互換性ファイルの中身を見ることが出来ました。
螺旋階段=SpiralStairと名づけたファイルがありました。

milura_Poser_Props_02b.jpg

これを通常のファイルフォルダに移動して、念のためPoserで動作確認してみたら、きちんと読み込むことが出来ました。
ああ、良かったよかった!

sannziさん、本当にありがとうございます。
とても助かりました!
コメント
今晩は。
螺旋は綺麗ですね、この世の秘密が隠された造形だと真面目な数学だか物理学の番組で聞いた事があります。
でも難しい、階段だと一段の高さと足が置ける幅だとか決めるのが考えただけで頭から熱が出そうです。

う~む、miluraさんが言うくらいだからおそらく小道具の登録方法は間違いないと思います。
実は私も以前似たような事がありました。
之はWinビスタ(7でもあるらしい)の事なので、もしMACだったら無視してください。

どうやら時々理由不明で互換性ファイルと言うのが造られるらしいのです。
それは同じ小道具のフォルダ内にあるにも関わらず目に見えません。
でもそれが出来た時はフォルダの上の方、確かコマンドバーといったかな、そこに互換性を表示、とか普段見ないメニューが出てきます。
もしそれがあったら押すとそこに螺旋階段のPP2があると思います。
後はそれを切り取り、当たり前のフォルダに戻せば良いです。
参考になるかどうか分かりませんが一応書いておきます。
ご教示ありがとうございます。
> 螺旋は綺麗ですね。
螺旋って、黄金比と同様に、もっとも美しいとされる比率が導き出されているようですね。
数字の神秘学とか、誰がいつ発見したのでしょうね。
キリスト教などでは、神の存在の証拠として語られているとかいないとか。
なるほどなー、と感心するのとともに、ホントかよ、と斜に構える気分もあります^^;

> でも難しい、階段だと一段の高さと足が置ける幅だとか決めるのが考えただけで頭から熱が出そうです。
そんなに気をつけて作ったものではないです。
この構造だと、転げ落ちる人が続出するし、そのうち壊れそうだなと思いますよw

互換性ファイルの件、ご教示をいただき、ありがとうございました。
どんぴしゃでした^^
見たら、以前に作ってあれれ~?となった自作プロップも、きちんとありました。
ちゃんとマッピングとかやって、そのうち配布しようかと思います。
お役に立てて良かったです。

>互換性ファイルって、なんだろ?
Windows標準の機能なのか、Poser7jの機能なのか、判然としませんが。

と言う事ですが、最初に発見したのがP6Eでした。
其の後Vueでも互換性ファイルが作製されているのを確認しました。
他にも結構出来ているかもしれません・・・
何か役に立っているとも思えないし、出来る場合と出来ない場合が有るし、Winの(機能というより)バグではないかと想像しています。
Re: タイトルなし
> お役に立てて良かったです。
いやあ、本当に助かりました。
こんな機能があるとは、知りませんでしたから。

> 最初に発見したのがP6Eでした。
あらら。
一時はP7J特有の不具合かとも思い、P6Jを入れなおすことも考えていました。
他のアプリケーションでも生じると言うことは、Win側の機能なのでしょうね。

> Winの(機能というより)バグではないかと想像しています。
まったく同感です。
混乱を生じさせるだけの機能は、バグと言ってよいんじゃないかと思いますね^^;
またビルゲイツに蹴りくれてやらねば・・・。
バグではありません。
Windows 7(Vista)の場合Program Files等のUAC管理下にあるフォルダにアプリケーションがアクセスする場合にアクセス権限の問題が発生します。

Poserの場合の対処方法としてはRuntimeをパブリックまたはマイドキュメント以下の外部Runtimeを使うか、該当するフォルダでUsersに書込・変更(またはフルコントロール)権限を与えれば良いと思います。(フォルダを右クリック>プロパティ>セキュリティ>グループ名リストからUsersを選択して編集ボタンをクリック>書き込みと変更またはフルコントロールにチェックを入れてOKをクリック)

また、書き込み可能な外部Runtimeを使用した場合でもPythonスクリプトが設定(一時)ファイルを作成する場合に同様の問題が発生しますので\Python\poserScriptsフォルダに権限を追加しておく必要があります。

Poser 8以降の場合は標準インストールでパブリックフォルダにRuntimeが作成されます。
Re: タイトルなし
T2さん>
いらっしゃいませ。
ご教示をいただき、ありがとうございます。

なるほど。
通常のPCへのログオンではAdministratorsではなく、Userとしてのログオンであるため、システム保護により、互換フォルダが生成されるわけですね。
そういえば、、DAZのexeファイルやZipファイルからのコピーはいったん書込み拒否のWindowが開いていましたっけ。

> バグではありません。
もちろん、自分もsannziさんも、本気でバグだなどとは思っておりません。

本来バグとは、プログラムが記入ミスや論理矛盾などのために、作成者の意図に反する動作をすることを指す言葉で、バグ取りとは記入ミスや論理矛盾を修正することを意味すると言うことは承知しています。
この場合はWindowsの正常な動作ですので、これをバグと言うのは誤りです。

とはいえ、使用者の意図には反しているわけで・・・当てこすりで「バグに近い」と悪口を言っているのみです。

ビルゲイツに蹴り云々は、長年のWindows使いなら、誰しも思うことかとw

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。