スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カっとしてやった・・・

2011.08.27.Sat.15:22
後悔はしていない。

V4_Dyard01_1600.jpg

Pixivでとうふさんが主催されていた裏ぽざ展に投稿してきました。
微妙に趣旨からはずれているようですねえ^^;
PoserでレイアウトしてShade12でレンダリング。
背景はShadeのバックドロップ機能による合成です。
きちんとライティングすれば、ShadeでもPoserライクな画面にできるもんなんですねえ。

未成年の方は画面をクリックしないようにw
ここ1,2週間、アニメのTIGER&BUNNYにハマってます。
主人公が30台かアラフォーとおぼしきオッサンで、「がけっぷちのヒーロー」で、自分と同じ能力をもつ若い相棒と織り成す、バディ・ヒーロー・アクション。
第二クールに入ってきて、生意気でツンだった相棒がオッサンを認めてデレになってきて、物語も中だるみの様相を呈してきたかと思うとさにあらず。
オッサンが陥れられ仲間ぜんぶを敵にまわす羽目になり、相棒と自分のニセモノが最凶の敵として立ちはだかる・・・のだろうなあ。
そんな中でも、かつての上司や敵、そして最愛の娘の信頼は揺ぎ無い。彼らの助けを得て、オッサンは立ち上がる!
不敵な笑みをうかべて、「ワイルドに吼えるか?」

くはあ。
現役のオッサンとしては、燃える展開ですね~。
福井晴敏の「亡国のイージス」「終戦のローレライ」「川の深さは」を思い起こします。
(ガンダムものは残念ながら読む気ナシ)
日常に埋もれてくすぶるオッサン。
かつての志は鈍り、もてるプロフェッショナルとしての技術と実力も持て余している。
だが守るべきものを得て、オッサンは再び敢然と立ち上がる!
いいよねえ、こんな話、好きなんですよ。

ハリウッド映画でスーパーマン、バットマン、スパイダーマンなどを悩めるヒーローといて捉えなおしているけれど、ジャパニーズヒーローは最初から悩んでいたし、それが王道だった。
TIGER&BUNNYはヒーローアニメの王道を行っています。

オッサンの逆襲は22話から。
明日がとても待ち遠しいです。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。