スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vueお試し

2008.06.15.Sun.09:23
早速、攻略本解説本片手にちゃちゃっと試してみました。
地形を3つ並べて、手前はマテリアルを草&サクラ草をEcosystemで散布。
後方の二つには冠雪した山にして、高原風。空は大気をカリフォルニアの空。
まったく適当であるw
そこにPoserからAiko Sugerを読み込み。
A3_Suger01v.jpg

Aikoを読み込んだとたん、重くなってちょっとしんどかったです。
レンダリングは「最終レンダリング」なのだけど、結果は・・・ダメダメですね。
太陽の光が強くて、陰が濃すぎる。傘の透け具合が不正だし、なによりも妙な粒状感が気になる。
このあたりをなんとかできないと、Vueで最終的なレンダリングはおぼつかないようです。
てゆうか、使いわけが必要ですね。
人物キャラメインで、表情や肌の陰影などを繊細に描く場合はPoser、風景メインで、人物を遠景で捉えるロングなどはVueでしょうか。
合わせ技の選択肢としては、Shadeもあるかな?
コメント
自キャラ製作に時間費やしてるんでVueどころかPoserでも一枚絵のちゃんとした画像をレンダリングしてない今日この頃です^^;

CarraraにしろVueにしろ、読み込んだ人物のマテリアルの調整は必須みたいですねぇ
Vueのコツとか何かわかったこととかあったら是非記事にしてください~~~参考にさせていだきます~~
マテリアルは調整する必要はあまりないと思いますが、Poserの人物描写はライティングによる比重が大きいように思います。
Vueは太陽光と空気感のある情景が特徴のようなので、Poserの描写とは、ある意味相容れない部分があるのかも知れませんね。
作品ごとに落としどころを探すのがコツといえばコツになるかもしれません。
>マテリアルは調整する必要はあまりないと思いますが

ほおぉ、そうでしたか。
レンダロの上手なVue使いの人は、人物も含めた陰影の表現がすごいですよね。
あの表現力を持たせるのにどのくらい凝ったライティングが必要なのか気になる気になる。
>ほおぉ、そうでしたか。
誤解のないように申し添えておくと、自分の現在のスキルではマテリアル調整以前にライティングをなんとかする必要があるんじゃないかという、優先順位の問題です^^
さらに言うなら、ライティングよりもまずは基本の習得だろう、というのが自分のVueレベルではありますがw
Poserでも、同じマテリアルでも、ライティングでぜんぜん違うというのは、まにほにさんなら釈迦に説法ですよね^^

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。