スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和風展参加

2011.03.10.Thu.23:13
どたばたしてしまいましたが、なんとか和風展に参加することができました。
製作していた太鼓橋も、無事に成仏。
こんなんなりました。

TY2_harunogoten01_1500.jpg

今回の収穫は、Shade12でのモデリングに自信を持てるようになったのが大きいかな?
途中、サブPCがブルースクリーンになってしまい、HDDが認識できなくなるアクシデントがありましたが、これを機会にVue6を新PCに移動してしまいました。
細かな不具合はあるけど、まあなんとか使える範囲でしょう。
Shade12 standardを使っているのですが、ポリゴンのUVマッピング機能を初めて使ってみたのですが、Shade上でUVマップを調整できると、とても助かります。
透視図のプレビューレンダリングを併用して、ダイレクトにイメージを見ながらマッピング。
新PCの威力を遺憾なく発揮です。

TY2_harunogoten01_1500a_shade01.jpg

木のテクスチャはWood workshopで吐き出したシームレス画像をGIMPのパターンにして作成。
Shadeから吐き出したUVマップを使って板の境目のバンプマップを作成。
より立体的にするには木のテクスチャをグレースケールにしてバンプにすればいいのだろうけど、今回の画のイメージに合わないので割愛。
欄干と擬宝珠(ぎぼし)はShadeの材質設定のみです。

背景はVueにhisayanさんの「六条院 春の御殿」を読み込み、遠景の山を適当に配置。
桜はあらかじめpz3ファイルにしておいた桜の木をShadeに読み込み、レンダしてはpng保存してGIMPに読み込み、配置。最初は一発レンダを目論んだのですが、さすがにきつかったです。
せっかくの春の御殿ですが、桜に隠れてほとんど見えません。
さすがにもったいないので、ここに貼っておきます。

harunogoten02.jpg

太鼓橋と賞状筒も、せっかくポザ化までしたで、おいおい配布したいと思います。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。