スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路地裏の女の子

2011.01.16.Sun.20:26
「Shadeな少女」さんのTop画像を見て、タイツにショートパンツの女の子っていいなあ、と思い、自分もやってみました。
この寒空なんで、mamomamoさんからいただいてきたダウンジャケットをきせたりして。
そういえば、中1の姪っ子がこんなかっこうしていたよなあ。
どんどん大人っぽくなってきて、伯父さんは喜んでいいのか悲しんでいいのか解からないよ。

A4_Winter01_1600.jpg

昨日は出かけようとして家の近くの坂道でスリップして横を向いてしまい、スタック。
いよいよ雪道がやばくなってきてるなあ。
新品のブリジストンRevo-GZを履いてるのだけど、滑ってしまったらもうアウトです。
お出かけの理由は通院なのですが、スタックから抜け出すのに時間を食ってしまい、午前中の受付時間には間に合わなんだ(泣)
本屋で「ツマヌダ格闘街」9巻、「鉄風」1~3巻購入。
TUTAYAで古漫画本を立ち読み。
河合克敏「モンキーターン」20~24巻。これ、けっこう面白いです。
コンビニのワイド判で読んでいるのですが、読み始めたら止まらない。
ついつい、気がついたら5時すぎて日が落ちて暗くなっていました。

「ツマヌダ格闘街」うーん、このマンガって悪党って出てこないんだなあ。
でも、これはこれでいいのかも?

「鉄風」はじめてコミックで通して読んでみたけれど、主人公の「まっすぐな」性格の悪さがなんとも魅力的です。
イブニングの「オールラウンダー廻」と同じく、総合格闘技を舞台にしたマンガで、廻が男子なのに対して、こちらは女子。
読み味はそれぞれに違うけど、今20代だったら総合格闘技やってみたかった。
そう思わせられるマンガです。
考えてみれば、講談社って格闘技マンガ多いよなあ。
今また「修羅の門 第弐門」始まったし。アフタヌーンでは女子柔道の木村紺「からん」が地味に面白いし。
小学館もスポーツマンガ多いけど、小学館は青春(恋愛にシフトか?)モノの舞台としてのスポーツなのに対して、講談社はスポーツそのものに突っ込んで描いているものが多いように感じます。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。