スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西崎氏急逝に思う

2010.11.08.Mon.23:43
V4_OT01_2.jpg

宇宙戦艦ヤマトのプロデューサー、西崎義展氏が急逝されました。
実写版ヤマトの公開を目前に控えたこの時期に亡くなるとは、非常に残念です。

氏が大好きな海で、その名もYAMATOと名づけた船からの転落、とのことです。
西崎氏らしい死だな、とは思いますが・・・復活を果たしたヤマトも、これでほんとに終わりなんだなと思うと、残念でなりません。
71歳というご高齢ですし、少なくとも10年以内にはこの日の来るのは予期していましたが、これは早すぎました。

不謹慎のそしりを恐れずぶっちゃけてしまうと、文字通り「年寄りの冷や水」でした。
もう少し自重して欲しかったと思います。
少しでも長生きして、ヤマトにこれからがあるのなら、見守ってくださるのが責務だったはずです。
実写版ヤマト公開まで1ヶ月を切ったこの時期に、なぜ無茶をしたんだろうか?

この方にとってヤマトはあくまで自分の作品であり、自分の手を離れたヤマトは本音では許しがたかったのではないだろうか?と思います。
ヤマトはあくまで自分のもの、墓の中まで持っていくのだといった気持ちが事故を招いたのだというのは考えすぎなのかな?

やってくれたよ、じいさま。
そんな諦感が心を占めてしまう自分って、薄情なヤツだな、と思います。

ともあれ。
ありがとう、西崎さん。
ヤマトは、私の心の糧でした。これからも、ヤマトが好きで好きでたまりません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

なんか、Poserでレンダリングすると、PCが固まるようになりました。
起動にも障害が出てきて、非常に怖い。
DC展に投稿したいと思うのだけど、駄目かもしれないなあ。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。