スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダイさんやってくれる!

2010.09.27.Mon.21:17
実はモデルグラフィックス誌をほぼ毎号購読しています。
ほぼというのは、興味のない特集のときは買わないということでありまして。
興味がないというのは、実はガンダムやその周辺の、いわゆるガンプラ特集のときであります。

10092701.jpg

ガンプラでリアルと言っても、所詮はモビルスーツを航空機や戦車になぞらえての「リアル」と言う志向であり、だったら戦車や航空機そのもののほうが開発の背景や実際の運用、そしてなにより戦闘に関する紛れも無く現実の物語を背景に持っているわけで、自分的には基本的にはガンダムは好きではありますが、ガンプラには現実のメカほどの魅力を感じません。

とは言っても、色プラ技術など、バンダイの誇る新機軸には工業的な魅力を感じているので、実際に購入して手にとってみて、「ほほーう」と感心するときはあります。
でも、キットを手にとって満足するのみで、組み立てたいという欲求はそれほど感じないかな。

そんな理由で今月のMG誌を買ったのはタミヤのウルフWR1の記事があったからで、GMの特集そのものは飛ばし読み程度だったのですが・・・。

ぱらぱらとめくって見て、誌の始めのヘッドライントピックスで「おお!」と目を剥きました!
なんと!

バンダイから12月上旬を期して、宇宙戦艦ヤマト1/500を新規に発売 とな!?

10292702.jpg

しかも、1/350ヤマトのように過剰なギミックを満載にして¥40,000超という手が出ないお値段や、1/700ヤマトのようにDVD特典で、入手難のためヤフオクで¥10,000~¥20,000というプレミア価格ではなく、はたまた旧版のパッケージ換え再販でもなく、普通に手で動かすギミックでのお手ごろ価格による、新規金型と考証の、まったくの新製品!

これが驚かずにいられましょうか。
非常にうれしいニュースです。

その考証というのが、当然のことながらのファーストヤマトというのが、さすが解っていらっしゃる。
自分的にはよりマッシブな復活編版でも良かったのですが、これはこれでとても納得な選択です。
時期からして、おそらく12月公開の実写版SPACE BATTLESHIP YAMATOに合わせた展開なのでしょうね。

誌の半ばで、白黒ながらさらに見開きで紹介されています。

10092703.jpg

こうして大きな画面で見ると、新規ヤマトのカチっとした艦橋周りや、繊細な松本アンテナの造形に、ぞくぞくしてしまいますね。

実はmiluraには一生かけて実現しておきたい野望がありまして。
そのひとつが、宇宙戦艦ヤマトと戦艦大和とを同じスケールで並べてみたい、というものです。
誰しもその野望はもってらっしゃるようで、すでに実現された方もいるのですが、うちはいまだに実現していません。
1/700ヤマトと大和、1/350大和はあるのですが・・・。

1/500大和はすでにフジミから現時点での最新考証で出ていますし・・・これはもう、揃えろという天の声でありましょうか?

ううむ、財布の悲鳴がああああ!

しかし、、、エントリ冒頭でガンダムのリアル云々と上から目線で書いたわりには、ヤマトのリアルには全く拘らないんですね・・・自分。
まあなんだ。
その程度なんだね、と言うことでひとつw
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。