スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しらせを見て来たよ!

2010.09.15.Wed.21:32
去る9/11土曜日に、白瀬南極探検隊100周年記念行事に行ってきました。

なんと言っても砕氷艦しらせの秋田港寄港が目玉イベントです。



砕氷艦は東京都船の科学館に「宗谷」、名古屋に「ふじ」が記念館として保存されていますが、そうそう見に行けるものではありません。
ましてや、現役の「しらせ(二代目)」となると、こんなイベントでもないと無理!

そんなわけで、折悪しく荒天に見舞われたものの、たくさんの人が訪れていました。
さすがに、でけー!
DSC02399_a.jpg

新しらせので特徴的なのは、丸い艦首形状とこの穴です。
DSC02396.jpg

これは艦首散水装置で、ここから放水することで雪や氷を溶かし、砕氷しやすくするのだとか。イベントムービーでは「これにより余分なエネルギー消費を抑え、CO2排出を削減するエコ・シップである」として説明していました。
どれくらい効果があるのかは疑問ですし、個人的には「CO2増加が温暖化の原因」とする説自体アヤシイと思うのですが、ここは素直に「すげー!」と感動することにします。

ブリッジも、普通に撮影したのではフレームに収まらないくらいでかいです。
DSC02406.jpg

ブリッジの後ろは、折りたたんだようなタラップになっています。
さすがに、民間人も乗るのでラッタルにはなっていませんね。
DSC02408.jpg

後方から。
DSC02421.jpg

ヘリポートがとにかく広い!
幅だけなら、ヘリ空母(と言ってしまおう)「ひゅうが」に匹敵するのかな?
スペックがよくわからないので断言できませんがw
DSC02463.jpg

DSC02462.jpg

DSC02465.jpg

後方クレーン2基に挟まれるようにしてSFっぽい形の指揮所が!
さらば~♪地球よ~♪
DSC02425.jpg

ちなみに、クレーンは前方2基、後方2基の4基で、147kNまで懸垂可能。
約16.5重量tにもなるわけですね。
DSC02405 (2)

ボートダピッドには、天蓋シェルつきのボートが懸架されています。
なにやら潜水艦ぽい形ですね。
DSC02447.jpg

上からみると、こんな風になっています。
DSC02472.jpg

ヘリ格納庫にはいろいろ展示してありました。
これは隕石。
DSC02454.jpg

南極の氷。
手を載せると、炭酸水みたいにシュワシュワとした感触が手のひらに当たります。
これは氷に閉じ込められた、何万年も前の空気なのだとか。
なんだか感動しますね^^
DSC02459.jpg


歴代の砕氷艦の模型です。(開南丸はただの帆船だけどね)
右から、開南丸、宗谷、ふじ、初代しらせ、現しらせ。
大きさから見て1/700のプラモデルでしょうが、現しらせはフルスクラッチと見た!
DSC02458.jpg


しらせから戻って、秋田セリオンで横手やきそばを食した後、セリオン館内での展示を見て歩きました。
ここでも、もっと大きい模型が展示されていました。
こちらはフルハルで、1/100くらいかな?

まずは開南丸。
DSC02487.jpg

開南丸は白瀬中尉が南極探検に向かった際に乗った船で、なんと、命名は東郷平八郎なのだとか。
白瀬中尉はアムンゼン、スコットと同時期に南極点到達に挑み、途中断念して帰国したのですが、スコット隊のように全滅することなく、全員生還を果たした点がすばらしいです。
撤退するも勇気。漢じゃないか!
断念したその地を大和雪原(やまとゆきはら)と名づけて日本領宣言をしたそうです。
なんとも詩的で、ロマンをかきたてられる命名であることか。

ウィキペディアの記載を読むと、実際は資金にまつわる生臭い諸々の出来事があったり、大和雪原は陸地ではなく、南極の端にある小島の湖上の地点であったのだとか、いろいろ索漠としてしまう点もありますが、そんなことは棚上げして、漢のロマンに浸ることにします。

宗谷。
ハセガワの1/350宗谷 第一次と第三次を持っていますが、これは第三次以降ですね。 
アニメで「宗谷物語」というのがあるそうで、Youtubeで最終回を観ることができます。
DSC02490.jpg

ふじ。
DSC02494.jpg

初代しらせ。
DSC02500.jpg

現しらせ。
DSC02501.jpg

こちらは2Fでの写真展。
ムービーや南極越冬隊の装備、テントが展示されていました。
装備は春用だったので、普通の防寒具だったなあ。
DSC02505.jpg

DSC02506.jpg

DSC02509.jpg

実は、miluraの地元の隣町は金浦で白瀬中尉の生誕の地なのです。
いまは合併しているので、もろに地元といっても過言ではない、、、かも?
白瀬記念館があるのですが、実はいまだに行ったことがありません。

熱が冷めないうちに、こんどの休みの日にでも行ってみよう。

帰宅してからハセガワの宗谷のキットを取り出して、作ろうか作るまいか、パーツを眺めて暮らしています。

どうしようかなあ~?

9/23追記:しらせ内部の動画UPしました。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。