スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機拡散プロジェクト「街宣!街宣!」

2010.03.10.Wed.21:57
最大の懸案にも関わらず、メディアは一切取り上げず、
ネットでのみ取り沙汰されている法案があります。

そう、外国人参政権法案ですね。
鳩山=小沢傀儡政権が、最も力を入れて推進しており、
亀井静香の反対により、今国会は法案提出を見合わせる
動きのようですが、全く予断を許しません。

この法案に異を唱えている漫画家・A/Tこと富田安紀子さんが、
「危機拡散プロジェクト」と銘打って、外国人参政権法案による
「危機」意識を「拡散」するために、自らの思いのたけをマンガ作品
として発表されました。

BnGG3[1]

少しでも力になればと思い、紹介いたします。
バナーのリンク先で、Java、JPEG、PSD、PDF、ニコニコ動画などの各形式で
ダウンロードおよび閲覧ができます。
題名は「街宣!街宣!」
うわ、いきなりドッピキだなこの題名^^;
怖いもの見たさでの惹きを狙っているのでしょうかw

いわゆる街宣「右翼」と呼ばれる運動の主催者として活動する父親と、
その娘・中学生の奏(かなで)との親子ドラマ、として描かれています。
街宣「右翼」と聞いて引く方もいらっしゃるでしょうが、そこはあえて
我慢して読んで欲しい。

マンガ自体は前編ということで、外国人参政権に反対する問題提起のみに
留まっていますが、では何故反対するのか、外国人参政権がどう危険なのか
という核心部分は、後編に描かれるはずです。

・・・はずですが、さすがにプロの漫画家が、無償であと50ページ描くのは
経済的にも精神的にも身体的にも負荷がしんどいし、Webでの発表はありえない、とのことw
まあ、仕方ないよね。プロにただでマンガ描けというのは阿呆のいいぐさです。

近い将来に商業誌で後編を読めることを願いつつ、とりあえずはリンク先の記事テンプレにて
お勉強してください。
有志の方は印刷して小冊子にして、適当な人の集まる場所で置き忘れると良いです(爆)

しっかし、富田さんの今回の行動は、多少エキセントリックで正直引いてしまいますが、
この男気に頭が下がります。
だって、ねえ。
56ページのマンガですよ!?
いくら出版社が買ってくれないからといって、一人だけでふつう、これだけのものを
描くか??
富田さんの作品はコミック化された「Re:Life」や雑誌で読んではいますが、それらと
比べても優に150%は力が入っています。
てゆうか、コミックスや雑誌の印刷がいかに原稿を再現し切れてないかってことかもなあ。
人物を描く描線や背景の描き込みが、本来の商業誌作品と比べて尋常じゃない熱意に溢れています。
多少の違和感があるのは、スクリーントーンが貼られていないからでしょうね。
そこはそれ、脳内補完でひとつ。

扉の「有名なあの硫黄島の星条旗ぶっ立て写真括弧ヤラセ括弧閉じ」もどきは
熱意に溢れすぎてはみ出した感があります。
冒頭の戦艦大和はマニアの目から見るとディテールが足りず、「プラモデルだ」とは
思いました。
でもそれらに目をつぶれば一編の正等派マンガとして、格段のレベルです。
読み応えがあります。キャラが立ってます!
自分的には、おかあさんの巫子(みこ)さんに萌えでした。
人妻の色気が炸裂しています。
谷間いいよタニマ~wぜひ埋ずめたいです。(何を何に?)

これを読んで「拡散して」「動いて」とは申しません。
でも、「とにかく読んでみて」と強くリコメンドします。
お時間があれば、ぜひどうぞ。
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。