「風たちぬ」観てきました

2013.08.08.Thu.21:25
途中中ダレで少し寝てしまったけれど、最後まで観た感想としては、「佳品でした」
物語としての結構を度外視して、盛り上がりも少なく淡々として流れていく時間が、とても心地よい。

ただ、面白いか面白くないかと言えば・・・「わけがわかんない」そんな映画でした。
堀越二郎の七試単戦開発から九試単戦開発に至る、技術系の「プロジェクトX」話と。
堀辰雄の「風たちぬ」の純文学の悲恋物語。
相いれぬとまでは言わないけれど、全く別の系統の物語のキメラが、この映画でした。
続きを読む "「風たちぬ」観てきました"