スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魅惑のDC展」投稿しました

2010.11.28.Sun.17:10
金曜日0:00、つまり木曜日24:00を期して、「魅惑のDC展」が開催され、早速投稿しました。

exhiDCbanner468x60[1]

さすがに上手い人が多数参加されるだけあってレベルも高くアイデアも豊富で、自分はまだまだだなあと思い知らさせてしまいました。

自分は2作投稿。

まずは一作目、「女戦士」
題名が思いつかず、投稿するその場でえいやっと付けました。
ひさびさにAiko3を使ったなあ。

A3 Fantasy02c

相変わらずエロ分少なめ。
投稿作ではフィギュアの足元を見誤って、宙に浮いてしまっていましたが、修正しましたw
続きを読む "「魅惑のDC展」投稿しました"
スポンサーサイト

八九式中戦車乙型製作 (3)

2010.11.23.Tue.13:10
今回は、尾橇(びそり)の制作です。

なんで戦車にそんなのが付いてるの?と疑問に思われる方も居ると思います。
最初の戦車は第一次世界大戦での塹壕戦の膠着状態を打開するために開発されたもので、敵陣地との間の不整地を乗り越え、塹壕を乗り越えて兵力を送り込む兵器でした。
塹壕を越えるために巨大な車輪をつけたりと、いろいろ試行錯誤されたのですが、フランスのルノーFT戦車においては尾橇が付けられていました。

日本ではルノーFTやMarkAホイペットなどといった戦車を輸入して試用していたのですが、ルノーFTについていた尾橇を、現場からの要望で八九式にも付けたわけですね。
とはいえ、その効果のほどは超えられる塹壕の幅が2mから2.5mに伸びたのに留まり、肝心かなめの塹壕そのものが姿を消してしまったため、無用の長物でしかなかったというのはなんともはや。
帝国陸軍将兵には格好の荷物置き場として重宝されたそうですw
続きを読む "八九式中戦車乙型製作 (3)"

魅惑のDC展に向けて

2010.11.20.Sat.21:37
自分としてはそれなりにいい感じに出来たとは思います。

V4_Fantacy01_2a_1600.jpg

しかし、レギュレーションを見ると・・・。

•DCを使用してエロスを表現していること

この画がエロいか?と問われると正直、うーむ・・・。
いたいけな少年を誘惑する妙齢のエルフ美女!
これはエロい!
エロいんじゃないかな。
たぶんエロいと思う。
ま、ちょっとはエロい・・・。

てなわけで、魅惑のDC展出品作としては、ボツ!

「魅惑のDC展」会場はこちら。 
exhiDCbanner468x60[1]

八九式中戦車乙型製作 (2)

2010.11.17.Wed.23:22
待ちに待ったアーマーモデリング12月号、八九式中戦車乙型、第二弾が発売されました。
当然のことながら、アマゾンと地元書店から2冊購入しましたよ!っと。

今回は以下の3つの部品の制作です。
1、尾橇(びそり)
2、マフラー
3、砲塔
部品はC枠とD枠、それと砲塔パーツ。
そして、ファインモールド純正の八九式中戦車用 ディテールアップパーツセットを別途購入したのが届きました。
カステンの組み立て式履帯を買うかどうかは、次号でベルト式キャタピラが届いてから考えます。

結構ボリュームのある内容なので、ちょっとづつ組み立てていきます。。

T89_24.jpg
続きを読む "八九式中戦車乙型製作 (2)"

DC遊び

2010.11.14.Sun.21:19
Poserのダイナミッククロスで遊んでいました。

V4_China04.jpg

Kyotaroさん謹製のDCチャイナ。
Poser用チャイナ服はあまり種類が無く、外人さん作はノースリーブしかありませんでした。
ここへ来て、MUKAさんが長袖のチャイナを、そして今回Kotaroさんが半袖のチャイナを作ってくださり、これでやっと一通りの型は出揃ったのですかねえ。
三角ポリゴンでかなり細かい目で構成されていて、重いのかなーっと思いきや、そうでもありませんでした。

西崎氏急逝に思う

2010.11.08.Mon.23:43
V4_OT01_2.jpg

宇宙戦艦ヤマトのプロデューサー、西崎義展氏が急逝されました。
実写版ヤマトの公開を目前に控えたこの時期に亡くなるとは、非常に残念です。

続きを読む "西崎氏急逝に思う"

1/48ブルーサンダー製作(4)

2010.11.03.Wed.20:21
ずいぶん間があいてしまいました。

理由としては、この2点が大きいかな?
1、小物の数が多すぎる!
2、部品を床に落としてしまい、行方不明。

小物の数がかなり数多く、しかも一つ一つに丁寧なゲート処理を要するので、かなり閉口しました。落とした部品はアオシマに発注して取り寄せましたとさ。

難物のキャノピーのマスキングを済ませて、あとは塗装するだけ、かな。
以下、組み立てた小物を紹介していきます。

bt31.jpg
続きを読む "1/48ブルーサンダー製作(4)"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。