スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万能鑑定士Qの事件簿

2012.01.22.Sun.15:43
最近はトリビアとか蘊蓄ものとでもいうのか、知る人ぞ知るオタク的な知識をネタとした著作があるようです。
この「万能鑑定士Qの事件簿」というのもそのひとつ。
「万能鑑定士Q」というお店を構える、凛田莉子(りんだ りこ)という20台前半の美人鑑定士の周りで繰り広げられる事件を描くというもので、文章がしっかりしていて面白く読めました。

実は表紙を見て気に入って買ったという、いわゆる「ジャケ買い」なのでした(笑)
書店にIが無く、IIから読み始めた次第。IとIIは続き物だったようで、Iからの流れで「力士シール」云々の下りがあるのですが、まったく「?」でした。失敗したなあ。

万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)
(2010/04/24)
松岡 圭祐

商品詳細を見る


IIでは本物と全く区別がつかないニセ一万円札事件が中心となり、ニセ札の総額が日本全国で2兆円規模あるとの政府発表によって、日本円の価値が大幅に下落、超ハイパーインフレが引き起こされます。
このニセ札、主人公の莉子も鑑定不能だったのですが・・・。

最後にどんでん返し、偽札のトリックが莉子によって解明されるのですが、・・・あれれ?
このトリック、全く成立しないじゃん?
作者さん、やらかしてしまいましたねえ。編集者も気づかなかったのかな?
少なくとも、現実世界ではこのニセ札トリックでハイパーインフレなんか、間違っても発生しようがないので安心ですね(笑)

トリックの穴(というか作者のミス)は、読了後に実際のお札(千円札でもOK)を見ればすぐに判ります。

とはいうものの、妙齢の美人鑑定士というキャラはなかなか魅力的です。
ハイパーインフレの描写もなかなか臨場感があって、震災当時の品不足を思い起こさせられて、ぞっとします。
ジャケ買いだけでも、価値はあるかな?

今日、IとIII、ジャケのチャイナに惹かれてVIIIも買ってしまったので、とりあえず読み進めてみます。
続きを読む "万能鑑定士Qの事件簿"
スポンサーサイト

「巨人たちの星」読了

2011.08.12.Fri.17:55
8月に入ってから初めてのエントリです。
暑かったからとか、お盆進行で仕事が立て込んでたとか、言い訳はいろいろありますが、まあぶっちゃけ、へたばってました^^;

ganimede01.jpg

そんな中で、シコシコと読み続けて、つい昨日「巨人」三部作読了!
いやあ、面白かった。
「星を継ぐもの」
「ガニメデの優しい巨人」
「巨人たちの星」
と一気に読み継いできて、最後のフレーズ。
「星を継ぐものは、今正当に宇宙の遺産相続権を主張しようとしている。」
うは、シビれる!かっこいい!やっぱ名作だよなあ。

おもわず、三部作の表紙をTシャツの柄にしてしまいました。
って、これといったアイデアが湧かなかっただけなんですけどね。
続きを読む "「巨人たちの星」読了"

星を継ぐもの

2011.07.09.Sat.17:34
東北もいよいよ夏。
夏といえば水辺が恋しくなりますね。

近所の滝にでも行って、涼んでこようかなあ。

V4_Bikini02_1200.jpg
続きを読む "星を継ぐもの"

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

2010.10.24.Sun.17:28
水曜日に最寄の山海堂書店(なんだかんだで、30年は続いている、地元の超老舗?書店なのだなあ。子供の頃からお世話になっています)で「零戦をつくる」を購入する際に、ふと見つけて購入してしまいました。

ひさびさに、寝るのも惜しくて一気読みしたほど面白い作品でした。
ちなみに、最近でそんな作品は上橋菜穂子の「守り人」シリーズとか、「獣の奏者」あたりでしょうか。

「彼の地」とはファンタジー世界でありまして。
エルフやドワーフ、オークやゴブリンが住む、いわゆるソード・ワールド的な、通俗ファンタジーの世界です。
20XX年、日本の首都・東京の銀座に突如異世界の門が開き、そこから現れ出でたる人間、オーク、ゴブリンなどの混成からなる中世異世界の軍の襲撃を受け、大参事となる。これが、「銀座事件」と称される。それを撃退し、門を逆進攻した自衛隊は、門のあるアルヌスの丘を掌握し、拠点を構築し、「銀座事件」の再発を阻止すべく、強固な拠点を築いた。
そして・・・。

2011/1/4 追記
2010年暮れに、第三巻が出版されました。







続きを読む "ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり"

オペレーション・アーク

2010.02.28.Sun.19:19
2月中は忙しいとかいいつつも、気が付いたらそれなりに読書してましたw

V4_OpArk01.jpg

マイク・シェパード「新任少尉、出撃!」
ディヴィット・ウェーバー「オペレーション・アーク1~3」

どちらも、ミリタリーSFというカテゴリに入れられる内容です。

宇宙戦艦ヤマト復活編を観たあと、ヤマトを私家版ノベライズしてみようかと思い立ったものの、途中でどうにも筆がすすまなくなったため、宇宙ものSFを読んで宇宙艦隊戦の雰囲気をつかもうと思ったのでした。
続きを読む "オペレーション・アーク"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。